総量規制対象外の会社ならより多く借りられる可能性も

キャッシングの可否を判断するにあたっては様々な条件がありますが、もっとも分かりやすく有名なのが「総量規制」です。

破産者を抑制する等々の目的から、年収の三分の一以上の額を貸し出さないようにすると貸し手側が決めた規定です。

キャッシングの額が一定以上に達すると一斉にどこでも借りられなくなってしまう感があるのはこの規定のためです。

しかし、この規定はあくまで自主規制的なものであり、消費者金融系ではなく銀行系の会社であれば規制がかからないとも言われています。

つまり、対象外の会社を吟味して申し込めば、今まで限界だと思っていたよりも大きな額を借りることができる可能性があるわけです。

とは言え、バランスを崩して多くの額を借りれば後々辛くなってしまいますから、多額のキャッシングには細心の注意が必要でしょう。

もんくれ